ドラックラグ

ドラックラグは官民の努力により改善されてきました


ドラックラグの状況と今後の変化*1,2

ドラックラグの状況と今後の変化の図

画期的な新薬を海外に遅れることなく日本の患者さんに届けるため
EFPIA Japan は新薬の開発を日本を含む世界で同時に行うことを支援しています

2016年度の開発状況

2016年度の開発状況の図

国内開発品目の推移

国内開発品目の推移の図